1. 東京都千代田区・社会保険労務士法人ACROSEED
  2. アウトソーシング
  3. 保険手続き
  4. 労働保険

労働保険

労働保険とは

 労働保険とは、労災保険と雇用保険を合わせた呼び方です。保険給付は両保険制度で別個に行われていますが、保険料の徴収については、両保険は「労働保険」として一体のものとして取り扱われます。

 農林水産業の一部を除き、原則1名でも従業員を雇用する事業主は、労働保険の適用事業者となります。そのため、適用事業については、その事業が開始された日か、適用事業に該当したときに、事業主の意思にかかわりなく保険関係が成立することになります。その場合には、保険関係が成立した日から10日以内に、「保険関係成立届」を所轄の労働基準監督署や公共職業安定所へ提出しなければなりません。

 これを無視して意図的に「保険関係成立届」を提出しない事業主に対しては、行政庁が職権により成立手続や労働保険料の認定を決定することがあります。この場合にはさかのぼって保険料を徴収されたり、追徴金を徴収されたりすることも考えられます。

 また、このようにして事業主が意図的または重大な過失により労災保険の「保険関係成立届」を提出していない期間中に、従業員が事故に合うなどして労災保険の給付を行った場合は、事業主からさかのぼって労働保険料を徴収し、追徴金を徴収するほかに、労災保険給付に要した費用を徴収することになります。

1.労災保険とは
2.雇用保険の手続き
3.雇用保険の失業給付
4.外国人社員の労災保険




お見積り・お問い合わせ

お見積り・サービスに関するご質問などございましたらお気軽にお問合せ下さい。

社会保険労務士法人ACROSEED(アクロシード)

TEL:03-6272-6503(代表)
FAX:03-5276-3233
営業時間 月から金 9:00から18:00
メールでのお問い合わせ:メールフォームへ