1. 東京都千代田区・社会保険労務士法人ACROSEED
  2. アウトソーシング
  3. 就業規則
  4. 外国人社員と就業規則

外国人社員と就業規則

外国人社員と就業規則

 外国人社員にももちろん就業規則は適用されます。そして、外国人社員がいる場合こそ、より就業規則をしっかりと見直し周知徹底させなければなりません。というのは、人間がもつ判断基準は生れもっての性格や育った環境などにより人それぞれ異なります。つまり、職場内には従業員の数だけ複数の判断基準が存在することになります。しかし、各従業員が自分の判断基準に従って勝手に行動すれば職場が混乱することは明確であり、それを統一するためのルールが就業規則です。

 日本人どうしでも判断基準は異なるのに、ましてや文化や習慣もまるで違う外国人社員の場合はそれ以上に顕著な差が現れて当然です。そのためにも「日本人であれば常識の範囲内でわかってもらえる」という考えを排除し、今ある自社の就業規則を最初から見直す必要が生じます。契約社会の欧米では雇用契約一つにしても、本のように分厚い契約書が準備されることがあります。それは、常識で判断という部分を排除した結果であり、例えば欠勤一つについても、体調が悪い場合、悪天候の場合、ストで交通機関が動かない場合など、様々なシチュエーションが考慮されています。どの程度まで考慮するかは別として、就業規則についても見直し、あいまいな部分は誰が読んでも同じように理解できるように工夫していく事が求められます。



お見積り・お問い合わせ

お見積り・サービスに関するご質問などございましたらお気軽にお問合せ下さい。

社会保険労務士法人ACROSEED(アクロシード)

TEL:03-6905-6370(代表)
FAX:03-5276-3233
営業時間 月から金 9:00から18:00
メールでのお問い合わせ:メールフォームへ